Subscribe via RSS Feed
トップページ > 各支部の動き > 介護予防事業(狭山支部)

介護予防事業(狭山支部)

 

狭山支部では、今年度も入間市の「歯っぴーかむかむ教室」・「体力・脳力アップ教室」・「お口の健口講座」などの介護予防事業に関わらせていただきました。
特に「歯っぴーかむかむ教室」は、お口の大切さを知っていただくために、市と歯科医師会の先生方と歯科衛生士で協力しながら作り上げた口腔単独のプログラムです。二次予防事業から今の一般介護予防事業となり、時代と共に変化していますが、試行錯誤しながら毎年ベストを目指して取り組んでいます。今年度は、歯科医師や歯科衛生士の講話で、パワーポイントを取り入れてみました。嚥下のしくみやプラークなどを動画で説明したことで参加者も理解しやすかったようです。「歌って」「笑って」「学んで」をテーマにお口を使ったゲームや歌などで、参加者の皆さんに元気をいただきながら、私たちも一緒に笑顔で楽しく過ごすことができました。
1月18日には、「体力・脳力アップ教室」と「お口の健口講座」がそれぞれの場所で行われ、今年度の介護予防事業も無事終了しました。狭山支部では、今後もお口からの健康づくりを周知していけるよう、支部で勉強会を開き、お互い意識を高め合いながら今後も活動していきたいと思います。


<< 前のページに戻る