Subscribe via RSS Feed
トップページ > 活動レポート > 2016年度 > 平成28年度 1・2・3年目会員フォローアップ事業

平成28年度 1・2・3年目会員フォローアップ事業

日時:平成28年7月24日(日)13:30~15:30

会場:彩の国すこやかプラザ 会議室2

演題:「歯科診療室で使えるコミュニケーション手話」

講師:一般社団法人埼玉県聴覚障害者協会 手話指導者委員会
                 三郷市聴覚障害者の会
                          平野 清代美 先生

アシスタント:一般社団法人埼玉県聴覚障害者協会  埼玉県手話通訳問題研究会
                          鈴木 由貴子 先生

講師の平野先生と手話通訳の鈴木先生との息の合った会話に参加者も自然と笑顔になり、集中しながら多くのことを学ばせていただきました。

手話を体験する前に、聴覚障害者についてのお話がありました。見た目では気づいてもらえないことが多い中聴覚での情報は入りづらいので緊急時の対応が困難であることなどを改めて知ることができました。

聞こえる人同士のコミュニケーション方法が沢山ある中、「聞こえない人は、音が無理なだけでコミュニケーションをとることに恐れないでください」という言葉が印象的でした。実習を交えて、手話だけでなく、指文字、筆談、口話でも十分コミュニケーションが可能であることがわかりました。

後半は、歯科医院で役立つ手話を学びました。手話はコミュニケーション方法の一つの手段であって、その前にマスクをはずして話すことや不安にならないよう診療内容を丁寧に説明すること、そして一番は人と人とのコミュニケーションが大事というお話でした。特別なことではなく、どの患者さんにも同じようにこの気持ちを忘れずにやっていきたいと思いました。

 


 

 

 


<< 前のページに戻る